一人の若者の挑戦

昨年のバンコクサミットに向けて一人のアンバサダーがあるプロジェクトを始めました。それは、彼の地元福島の高校生を「One Young World」のバンコクサミットに連れて行くこと。。。市川太一の挑戦は、簡単なものではありませんでした。本人も、

「『世界の公用語は英語ではないと思えるようになった』
っと発言しましたが今でも変わりません。
いつも言いますが、One Young Worldが全てだとは言いません。

ただぼくに大きな衝撃を与え、世界中の人々に大きな衝撃と感動を与えています。

そして少しでも興味を持ってくれているあなたにも、大きな何かを残すことになるでしょう。

まぁそれぐらい自信なきゃ、

就活の時期に大金を集めて高校生連れて行こうなんて考えませんからね、、、(^ ^;)」

と話すように、クラウドファンディングで資金を集め、最終的には3人の福島の高校生をバンコク大会に連れて行くことを可能にしました。。。

今回、企業物語メディアの『Biglife21』にOYW日本委員会の大久保委員長と、福島の高校生をクラウドファンディングで派遣した「福島プロジェクト」の市川太一と参加した高校生3人を取り上げていただきました。昨年末に行った「福島プロジェクト」の東京での報告会と大久保委員長のインタビューが掲載されています。ぜひご一読ください。

http://biglife21.com/society/11116/

12241394_515773501917577_6620243362604174505_n

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*